ミュージシャン謎の地方公務員の執務室(異動後)

音楽のことだったりラーメンのことだったり戯言だったり HP⇨nammynazo.com

スープを炊いてラーメンを家で作るのが面白い

 

 

f:id:nazo_shimpei:20200520212016j:image

お世話になっております。謎の地方公務員ことしんぺーです。

気軽にしんぺーって呼んで下さい。

いやー、前回の日記で書いたけどラーメン好きすぎて家でスープを炊きました。

https://nazo-shimpei.hatenablog.com/entry/2020/05/17/010750

 

一条流がんこラーメン風のスープを作ったんですけどかなり美味かった、感動するくらい。

出汁をしっかりとってラーメンスープを作るとこんなに違うのか!と。

それに味をしめたので、違う出汁で作ってみたのが今回のブログです。

今回はしっかり炊いた本物の鶏ガラと比較するために、鶏ガラは顆粒のやつを使ってみました。

鶏ガラ以外は本物を使って出汁をとりましたが、そんなに時間をかかりませんでした。

スープは40分くらいかな。

(鶏ガラを1から炊いた時は4〜5時間かかった)

材料は以下のとおり。

 

スープ

水 2.5リットル

昆布 3枚

椎茸 一個

スルメ 一枚

鰹節 40gくらい(ふた掴み)

鶏がらスープの素 大さじ1.5杯

 

カエシと鶏油もインターネットで調べたらレシピが溢れ出すようにあるので、事前に作りました。

f:id:nazo_shimpei:20200520213411j:image
f:id:nazo_shimpei:20200520213148j:image

スープとカエシと香味油(鶏油)が、三位一体となってラーメンスープになるんだなぁ、と自分で作って初めて実感したのである。

 

お店で食べる時に、麺固め、味濃いめ、油多めとか伝える時に、具体的に何をやっているか漠然としか意識していなかったけども、きっと

味濃いめ➡︎カエシの量多め

油多め➡︎鶏油の量多め

ということがどんぶり内で行われているんだなと理解しました。(違ったらごめん)

f:id:nazo_shimpei:20200520213914j:image

 

カエシと鶏油が入ったどんぶりにスープを注ぐと途端にラーメンスープに変貌するのが素敵すぎる。

f:id:nazo_shimpei:20200520214050j:image

 

素敵すぎるのでTwitterに動画アップしたから是非見てください(この動画は、今回のスープではなく、前回の一条流がんこ風スープの時のやつです)

https://twitter.com/nazo_shimpei/status/1262703547902128129?s=21

 

話がだいぶ逸れましたが、今回は昆布、椎茸、鰹節と、まさに和風ベースの出汁を丁寧にとってみたらどうなるかな?とワクワクしながらやりました。

和風出汁を丁寧にとった後に顆粒の鶏ガラスープをミックスしたわけであります。

そして完成したラーメンがこちら!

 

f:id:nazo_shimpei:20200520214646j:image

 

はっきり言ってかなり美味い!

前回とは違い、かなり和風ベースですが、普通に町の中華屋、またはデパートの地下とかで食べるオーソドックスな醤油ラーメンになりました。

 

そんなに時間もかけずに、出汁をとっただけなのに、普通に美味しかったなぁ。

 

スープをしっかりとった家ラーメンの美味しさに気付いてしまったので今後も色々出汁をとってラーメンを作ってみようと思います。

あと、ネギ最強ね。スープ炊くときも、チャーシュー煮るときも、カエシ作るときも、鶏油作るときも、長ネギの青いところが大活躍。

 

そして、ラーメンを食べるときも、刻みネギを入れるだけで本格的に。

ネギ最強です。納豆にも入れるよね。

 

 

ではまた次回。

最後まで読んでくれてありがとう。

 

あ、最近弾いたブギウギピアノもTwitterにあげてるから是非みてね、まだまだ練習中ですけど、弾いてて楽しいのよね。あー、ライブやりたい。コロナが早く収まりますように。

https://twitter.com/nazo_shimpei/status/1261931844712296449?s=21